大使

チャド・ブラウン

チャド・ブラウンはソウル・リバー社の創設者兼社長であり、退役軍人とつながり、多様な都市部の有色人種の若者たちにアウトドアや自然保護を紹介し、公有地や野生生物、淡水のアドボカシーを担う若いリーダーを育てることに力を注ぐ非営利団体である。最近ブラウンは、BIPOCや社会から疎外されたすべてのグループが、攻撃されることなくアウトドアをより大胆に歩き回り、素晴らしい思い出を作ることができるよう、アウトドアにおける憎しみ、偏見、無知、人種差別を解体することを使命とする新しい非営利団体Love is Kingを立ち上げた。Love is Kingの焦点は、アウトドアへのアクセスと安全性を高めることである。

ブラウンはまた、海軍退役軍人であり、熟練したドキュメンタリースタイルのポートレート写真家、チャド・コミュニケーション・デザインとソウル・リバー・スタジオを運営するクリエイティブ・ディレクターでもある。チャドはアウトドアマン、ボウハンター、自然保護活動家、北極圏へのアウトドア・リーダーシップ・チームのリーダーとして、しばしばバックカントリーの冒険を追求している。特に、先住民族との緊密な協力、公有地における環境正義のための活動、教育による意識の向上、すべての人、特に有色人種にアウトドアへのアクセス、包括性、安全性を提供することに情熱を注いでいる。ブラウンはアラスカ・ウィルダネス・リーグの理事であり、BBCやCBS、『Outside Magazine』誌や『The Drake』誌などの全国的な出版物、太平洋岸北西部のさまざまな出版物で紹介されている。さらに、ブラウンはOrvis社から贈られるBreaking Barriers Awardの初代受賞者であり、オレゴン州上院議員ジェフ・マークリーからはBending Toward Justice Awardを受賞している。

毛皮の帽子とサングラスをかけたチャド

アンバサダー紹介

全員に会う

チームから

スクワッドメンバーやアンバサダー、ブランドパートナー、ソーヤーチームなど、私たちのコミュニティとのキャンプファイヤーでの会話。

スクワッドのすべてを見る